講座レポ

「内容」
まず改めて、1回目の講座を受けて、先生がおっしゃっていた愛がわかり、世界が本当に穏やかにあったかくなりました。でも、もしかして勘違いかな?!とかドキドキしていたのですが、2回目の講座に行って、先生やメンバーに変わった!と言われてすごくうれしかったです。講座に行ってから、夫に爆発してブチ切れることもなく、最長記録を更新中です笑
男性の特性を理解したら、私の前提が違ったことがわかりました。
2回目の講座では、男性の特性がわかり、今まで夫のことが全然わかっていなかったな、と思いました。働いて家族を養って当たり前!私だって働いてるし!という前提で彼の行動を見ていましたし、私ならこうするのに!!を彼に当てはめてみていましたが、その前提が間違っていましたね。。夫や父親というのもこの形!と思って、狭い枠で夫のことを見て、勝手に解釈して判断して、自分を苦しめていました。愛と同じように、○○はこれ!と狭く見ていると、いろいろなものを取りこぼしていて、そこを拾うだけで、自分を取り巻く世界がもっと優しく温かくなるんだろうなと思いました。きっとこのカラクリはお金だったり、仕事だったり、いろいろなことに共通かなと思っていて、この枠を外していきたいです。
メンバー同士の化学変化が楽しい!
今回から新しいメンバーが増えましたが、そこの科学反応もすごかったです!ほかのメンバーをきっかけに、私もさらに自己開示することができましたし、メンバーの話を聞いていて、自分の思い込みにまた気が付くことができました。

私はかわいそうの状況の方が構ってもらえると思っていました。
私は自分がかわいそう、という状況であったほうが、自分に価値がある、人にもかまってもらえる、と思い込んでいたのです。。だから、あえて自分でつらい大変な状況に自分を追いやっていたところがありました。そして、つらい思い出もずっと握りしめて、自分はかわいそう、と、無意識のように思っていたみたいです。。先輩に嫌われて意地悪されて、悪口を周りに散々言われ、なんでそこまで嫌われなきゃいけないんだろう、と何年経っても忘れられない出来事があったのですが、それも「いじめられるかわいそうな私」としてその記憶を持ち続けていたかったんだと思いました。今改めてその出来事を見直してみると、おそらくその先輩が「してはいけない」「したいけどできない」と思っている何かを私がいろいろしていたのかなと思い、よくわからないけど、先輩にはない何か素晴らしいものを私が持っていたんだ、と思うことにしました笑
過去のいらない思い出や感情を手放すってこういう!?
出来事は変わらないけど、意味づけを変えるだけで自分の世界は変わり、いらない思い出や感情を手放すことって、こういうことか!と実感しています。私の場合、つらい思い出を手放さないのは、かわいそうな自分でいるためでしたが、かわいそうな自分がいい、という思い込みもやっと手放すことができたと思います。
仕事でも、ちょっと怖くても自分の意見を言ってみることができるようになったり、勇気を出して、全部を自分でやろうとせずに、先輩に任せてみたり、かわいそうな大変な自分になるのではなく、自分がやりたいからやる、という姿勢で臨めるようになってきた気がしてます!!
すでにこの講座に行ってよかった!!
しかないのですが、この先の講座でさらにどう変わるのか、とっても楽しみにしています!



WomanFamily紹介

ウーマン魅力学®で愛の土台を学んだ受講生たちは、日々の仕事だけでなく、社会貢献にも熱心です。そんな仲間たちとさらに学び合い、豊かな幸せを実現しながら、社会貢献の幅を広げるべく活動するコミュニティが、ウーマンfamilyです。

コミュニティメンバーはウーマン魅力学®やLove to know labの中で開催される各種のセミナーやイベントに、講師・サブ講師・企画・運営など様々な形で携わり、みなさまの幸せを応援しています。

WomanFamily