お問い合わせ

COMMENT

  1. ワーク(1):

    Q1:あなたはどんな子供でしたか?
    →活発で欲望を達成するためなら、ものすごく上手く立ち回れる子でした。

    Q2:あなたにとってお母様はどんな存在でしたか?
    →いつも家族の不和を起こす、頭の鈍い人だと思っていました。
    同時にいつも私の予想もつかない楽しいことや美味しいものをこっそりくれるいい人でもありました。

    Q3:あなたにとってお父様はどんな存在でしたか。
    →なんでもできて、いつも遊んでくれて格好いい人でした。
    あまり家にいなかったため、自宅にいるとても嬉しかったです。家で起きている祖父母から母への叱責を唯一、仲裁してくれるヒーローでした。

    Q4:親に対して、罪悪感など感じていることはありますか。
    →ありません。

    Q5:お母様に対して、もっとこうしてほしかったと思う想いはありますか。
    (我慢していたこと、言えなかったこと、悲しかったこと、傷ついたこと、満たされなかったことなど)
    →どうしていつまでも、結婚前の価値観が抜けないの?もっと上手く対処できるはずなのに、敢えて反抗しているように見える。不和を起こす人。

    Q6:お父様に対して、もっとこうしてほしかったと思う想いはありますか。
    (我慢していたこと、言えなかったこと、悲しかったこと、傷ついたこと、満たされなかったことなど)
    →側にいて、わたしを見て。時間を限定しないで、もっと側にいて。怖いことから守って。

    Q7:親子関係が、今のあなたの男性との関係構築に影響していることはありますか。
    →あります。
    いつも同じパターンで別れるので、何かしらの問題があると考えています。
    付き合いだして、1ヶ月も経たないうちに、相手へのイライラが限度に達し、別れられるように無意識で誘導してしまいます。

    ワーク(2) :

    Q1:あなたの潜在意識の中にしまいこんでいた母親、父親、両親などに対する感情が、どのように変わりましたか。
    →母親:アイデンティティーを踏みにじられるそうなときに、糾弾されるのを覚悟して、戦っていたことがすごい。
    →父親:仕事や病気でもっとどろどろな部分を見せないことで、私たちを守ろうとしていたのかな。身近な人にこそ、弱味を見せない生き方もあるよね。

    Q2:感情が変わったことで、未来がどう変わっていけるとおもいますか。
    →わたしは彼らと別の道を模索したい。今は根深く『どうせ言っても分からないし、これは自分の問題だ!自分で解決するんだ‼』という気持ちが消えないが、このまま進むと父と同じになってしまうと思う。
    人に頼ったり、出来ないことを素直に打ち明けられることで、人生が楽になるかもしれないと思える。

    • ワーク(1):
      Q2:あなたにとってお母様はどんな存在でしたか?
      →いつも家族の不和を起こす、頭の鈍い人だと思っていました。

      Q5:お母様に対して、もっとこうしてほしかったと思う想いはありますか。
      (我慢していたこと、言えなかったこと、悲しかったこと、傷ついたこと、満たされなかったことなど)
      →どうしていつまでも、結婚前の価値観が抜けないの?もっと上手く対処できるはずなのに、敢えて反抗しているように見える。不和を起こす人。

      (ヒロコ)結果的にお母様の言動が家族の不和を招いてしまったことになったのではないかと思います。ここでのポイントは、お母様は、本当はそれを望んでいなかった。が、しかし、結果的にそうなってしまったのではないかと仮説が立てられる点です。

      この仮説の紐をといていくには、
      1. お母様が本当に望んでいたものはなんだったのか?
      2. お母様は、誰にも自分は理解されないと思っていたとしたら?
      3. 何を理解してほしかったのでしょうか。
      4. お母様の心の声(叫び)ってなんだったのかをお母様になりきって考えてみてください。
      (お母様になりきる際は、その時の状況、環境、人間関係に至るまでを考慮しながら考えてみてください)
      5. なぜ、お母様は、結婚前の価値観が抜けなかったのでしょうか。逆にいうと、抜くことを拒んだのでしょうか。

      *もしかすると、他の人から見るとただのどうでもよい価値観だったかもしれません。でも、お母様にとっては、その価値観を手放すことは、自分が自分でいられなくなってしまうほど、手放すことができない重要な自分価値だったのかもしれません。

      上記の部分をぜひ、考えてみてください!

  2. こんにちは!
    事前課題のワークの回答です。よろしくお願い致します。

    ワーク1
    Q1:あなたはどんな子供でしたか?

    優等生タイプで、まわりに褒められるのが好きで怒られるとすぐ拗ねたり泣いたりしていました。

    Q2:あなたにとってお母様はどんな存在でしたか?

    とても優しくていつも甘えてました。しかし、いけない事をするとすごく厳しく怒られました。

    Q3:あなたにとってお父様はどんな存在でしたか。

    仕事終わりは疲れており、遊んでもらった記憶より騒ぐと怒られたり鬱陶しがられた記憶があります。でも好きなものを買ってくれたり時間よりお金を遣ってもらっていたと思います。

    Q4:親に対して、罪悪感など感じていることはありますか。

    私の将来について心配してくれていること。大人になるまで自分にとってより良い道を考え、あまり心配させることもなく順調に育ってきました。しかし、就職し仕事が辛いとか、ストレスで体調が悪いとか、結婚して仕事辞めたいとか甘えてネガティヴな愚痴ばかり言ってました。今の自分に自信を持ち、十分幸せな事を伝えてきたら、親ももっと幸せだったかなと思います。

    Q5:お母様に対して、もっとこうしてほしかったと思う想いはありますか。
    (我慢していたこと、言えなかったこと、悲しかったこと、傷ついたこと、満たされなかったことなど)

    祖父母と同居しており、あまり仲が良くなく、祖母と母の関係はどちらも好きな自分にとって板挟みで辛かったです。

    Q6:お父様に対して、もっとこうしてほしかったと思う想いはありますか。
    (我慢していたこと、言えなかったこと、悲しかったこと、傷ついたこと、満たされなかったことなど)

    家族のことは大事に思っているが、自己中心的なところがあったのでそれに対して反発したり、耐えたり、辛かったです。

    Q7:親子関係が、今のあなたの男性との関係構築に影響していることはありますか。

    両親ともに、こういう男性はダメと昔からよく言ってくる方でした。(しかも、お互いの意見は一致していない)自然とそういう人を探さないといけないと思うが、あまり該当する人もおらず、いざ見つかっても自分の好きなタイプではない事に気づいたり…。本当に自分にあう人がわからなくなってしまいました。

    ワーク2
    Q1:あなたの潜在意識の中にしまいこんでいた母親、父親、両親などに対する感情が、どのように変わりましたか。

    両親は常に私の幸せを考えてくれている。本当はもっといいたい事も、願望もあると思うけれど、それが自分では鬱陶しく思ってしまっていた。全ては私のことを思っての行動だったのだと改めて思いました。

    Q2:感情が変わったことで、未来がどう変わっていけるとおもいますか。

    自分がハッピーになれることでみんながハッピーになれる。辛いと思うことがあっても乗り越えて幸せな未来を作るために行動していきたいと思いました。

  3. ワーク(1):

    Q1:あなたはどんな子供でしたか?
    →人見知り、泣き虫、学校が嫌い、目立たない

    Q2:あなたにとってお母様はどんな存在でしたか?
    →仕事も苦手な家事も頑張っている。一緒にいると安心するが、怒りっぽく怖い。私よりも弟の方が愛されていると思ってました。

    Q3:あなたにとってお父様はどんな存在でしたか。
    →仕事や飲み会で帰りが遅く、あまり家にいない。優しいけど、仕事で家にいないからどういう人か良く分からない。母を手伝わないから、母の機嫌が悪くなって嫌だった。

    Q4:親に対して、罪悪感など感じていることはありますか。
    →泣いてたくさん困らせた。父方の祖父母にあまり会いたがらなかった。(幼少期預けられていた母方の祖母が、父方の祖父の悪口を言っていた為、良い印象がなかった)

    Q5:お母様に対して、もっとこうしてほしかったと思う想いはありますか。
    (我慢していたこと、言えなかったこと、悲しかったこと、傷ついたこと、満たされなかったことなど)
    →もっとポジティブな言葉がけがほしかった。弟よりも愛されているという実感がほしかった。怒らないでほしかった。

    Q6:お父様に対して、もっとこうしてほしかったと思う想いはありますか。
    (我慢していたこと、言えなかったこと、悲しかったこと、傷ついたこと、満たされなかったことなど)
    →もっと家にいてほしかった。母を手伝ってほしかった。

    Q7:親子関係が、今のあなたの男性との関係構築に影響していることはありますか。
    →嫌な事があると、はじめは我慢しているが、最後は泣きながら訴えてしまう。飲みに行かれるのがあまり好きではない。私以外の人(芸能人でも)に興味を持たれるのが嫌。家事などを手伝ってほしいと思ってしまう。

    ワーク(2) :

    Q1:あなたの潜在意識の中にしまいこんでいた母親、父親、両親などに対する感情が、どのように変わりましたか。
    →母親:初めての子育てで、夫の帰りが遅い、子供を預けている親にも文句を言われたり、義理父も苦手でストレスを抱える中、仕事も家事も育児も一生懸命だったと思う。そんな中で、私にイライラをぶつけてしまう事もあったが、可愛い洋服を買ってくれたり、アルバムも弟以上に作ってくれたり、髪を結ってくれたり、本当はたくさん愛してくれていたと思う。
    →父親:25歳という若さで私が生まれて、一家の大黒柱としての責任が重かったと思う。仕事を遅くまで頑張って帰ってきても、母はイライラしてるし、私は泣いているしでどうしたら良いか分からなかったのかもしれない。そんな中でも、休みの日は家族でドライブをしたり、父なりに家族を喜ばそうと一生懸命だったのかもしれない。

    Q2:感情が変わったことで、未来がどう変わっていけるとおもいますか。
    →両親ともに大変な状況の中でも、私にたくさん愛をくれていたとおもう。愛の与え方は人それぞれで、特に父と母は不器用だったと思う。私自身もこれからは、不器用な愛にも気づき、それに感謝する事で、良い関係が夫とも作れるのではないかと思う。

POST COMMENT

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。